postheadericon 伐採と剪定の費用

チェーンソー

家に木があるという人はその手入れに時間をかけているものです。
そして森や山を持っているという人はそれ以上に非手間暇をかけています。
そうした人は木の管理をどうしているか気になる人も多いはずです。
伐採とは木を根っこから切ることであり、木を切って木材を売ったり、山を整備したりすることを言います。
伐採は基本的には自分でやるものですが、忙しい人などは伐採を業者に任せたりすることがあります。
費用は規模や会社によっても違いますが、1本5000円ほどが相場となっています。
剪定は木を整える感じで切ることを言い、剪定をすればその分、木は綺麗なものとなって美しく保たれます。また、毛虫などの対策にもなります。
そうした剪定は自分でやるのが一般的ですが、より美しい剪定を頼むために業者に依頼することもあります。
費用は同じく規模や会社によっても違いますが、1本3000円程度となっています。

伐採をするにしても、剪定をするにしても、費用はそこまでかからないものとなっています。
しかし、森を保有していて、森を腐らせないためにいらない木を切り倒したいなどの大規模な予定があれば費用はかさんでいきます。
逆に個人での伐採や剪定などの小規模なものは費用が低くなっているのです。
そうした費用に関する事項があれど、頼んでみて損はない仕事をしてくれるはずであり、しっかりとそこら辺の状況を見極めて自分でやるのか、業者に頼むのかを決めていくべきです。

postheadericon より美しい庭へ

一緒に切る

一戸建て住居の多くには庭が付いていると思います。
新しい家が建ちときに庭も新しく作り上げ、さらに何年かが過ぎ樹木が成長していくと美しい庭へと仕上がっていきます。
さらに10年、20年が過ぎるとどのようになっていくのでしょうか。
立木の多くは大きくなりすぎてしまい、剪定作業だけでは対応がとれなくなってくることがあります。
はじめは小さかった立木も20年後には見上げるような大木に成長してしまうことが多々あります。
庭木の成長が庭や家屋とのバランスを崩してしまうことがあります。
庭の手入れにかける費用と庭の実態のバランスが取れていないと、アンバランスなほど庭木が成長してしまったりすることがあります。
大きな立木が密集して育ってしまった場合には、剪定だけではなく伐採も視野に入れて庭の再構築を考える必要があります。
伐採というと費用がかかると思っていらっしゃる方がいますが、費用対効果は大きい手段と言えます。
特に大きな立木が隣接してしまったような場合は伐採を是非検討いたしましょう。
剪定や伐採を行うことで、本来庭に必要であったスペースが生まれ、家屋の日当たりが良くなることもあります。
最終的には、造園業者としっかりと打ち合わせを行い、ここはこのように伐採する、ここはどのくらいの強さの剪定で仕上げる、など庭全体のイメージを明確にしてバランスが取れるように、費用計算含めて計画することが重要です。
一度原点に帰って庭のイメージを定めて、剪定と伐採を費用バランスが取れるように行うことで、庭は年月に相応しい美しさを取り戻すことが出来ます。

そして費用についての見積もりも、伐採や剪定業者を決める時には、ポイントとなります。
何社かで見積もりをとり、比較をすることも、伐採や剪定する樹木の多い場合は必要なことです。
最近では、希望に応じた伐採や剪定業者を選んでくれるサイトも用意されています。
依頼したい内容を問い合わせると、無料で、業者の費用見積もりを出してくれます。
希望に応じた業者を選んでくれ、費用の点でも納得のいく、予算内で依頼することができる有意義なものです。
24時間、365日対応してくれる第三者機関があることも安心出来ます。
自分で選ばなくても、数ある業者の中から、費用的にも無理のない業者を選んでくれる点が便利です。
第三者の目で伐採や剪定業者をたくさん見ているため、安心して問い合わせることが出来ます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930